お世話になった賃貸物件を離れる時にするべき事

手掛かりになる

物件には2通りあり、借りることもできますし、買うこともできるようになっています。決して安い買い物ではないので、将来のことを考えてから手を出すのも悪くありません。まずは下記を見てみましょう。

買う場合と借りる場合それぞれの良さ

借りる

物件を所有していれば必ず10年に1度のペースで大規模修繕などのメンテナンスをしなければなりませんが、借りている場合は、自分で業者を探さなくてもいいので、手間がかからないことが良い点です。

購入する

購入すれば自分の所有物となるので、売ることもできますし、貸すことも可能となっています。それが一室だけだとしても確実に毎月5万円以上の収入を見込めるので、買う事も視野に入れておくと良いでしょう。

お世話になった賃貸物件を離れる時にするべき事

レディ

敷金は手元とに返る

入居する際に敷金礼金を払ったという方は少なくありません。しかし、敷金は賃貸会社に使われることなく手にすることができるようになっているので、出し惜しみすることなく新橋で物件を借りると良いでしょう。

敷金の割合

敷金を支払ったとして、退去時に部屋全体をクリーニングにかけるとします。そして、それらの料金が引かれたものが自分に返ってくることになっています。つまり、全額が返ってくるわけではないですが、賃貸物件を綺麗にしておけば手取りが多くなると言えるでしょう。ですが、新橋では敷金礼金ゼロの物件もあるので、そういった場合は反対に清掃代などを請求をされることがあるので、注意が必要です。

退去する日

ガスなどを止める

生活する上ではガスや電気が必要不可欠になってきますが、賃貸物件を退去するとなると不要になります。次の家が決まっている場合はすぐにガス会社や電気会社、水道会社に電話をしてストップするようにお願いすると良いでしょう。

持ち物を撤去

元々賃貸物件に置いてあるものはそのままにしていてもいいですが、所有物であれば次の住処まで運ばなくてはならないので、立ち合いが始まる前に片づけておくと良いでしょう。自分ですると時間がかかるので、業者を呼ぶべきです。

転居届を書く

市役所に行けば転居届の用紙が置かれているので、その用紙に今まで住んでいた住所と新しく住む住所などを記入して手続きをします。引っ越す前だと無効になることがあるので、引っ越しが済んで落ち着いてから手続きをするのが得策です。

鍵を返す

鍵や鍵の原本コピーなどを最初に預かっている場合は不動産会社に返却することが義務付けられています。それに反すると鍵の交換費用の請求書が届いてしまうので、早めに返却をするのが賢明と言えるでしょう。

広告募集中